しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2015年11月29日日曜日

説教#95:「栄光の王とは誰か?」

「栄光の王とは誰か?」 
聖書 マタイ1:1-11、サムエル記下12:1-10
日時 2015年11月29日 礼拝
場所 小岩教会(日本ナザレン教団)

【マタイ福音書の華々しい幕開け】
マタイによる福音書は、イエス・キリストの系図を記すことから始まります。
その冒頭において著者は、これから福音書の中で物語られ、 
紹介されていくことになるイエス・キリストについてこのように述べています。 
「アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリスト」(マタイ1:1)と。 
イエス・キリストは、信仰の父であるアブラハムの子であり、 
イスラエルの偉大な王であるダビデの子であると述べることから、
著者はこの福音書を始めました。 
旧約聖書に登場する、ふたりの偉大な信仰者、
信仰の父であるアブラハムと、イスラエルの偉大な王であるダビデ。
イエス・キリストが、このふたりの子孫であると紹介をされ、
マタイによる福音書は、とても華々しく幕を開けるのです。
「アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図」(マタイ1:1)と。
著者は、系図を記すことから、この福音書を始めました。
現代に生きる私たちならば、この方法はまず選ばないでしょう。
しかし、旧約聖書を知る人々にとって、
系図から福音書が始まるのには大きな意味がありました。
著者は、旧約聖書の時代から
イエス・キリストにまで至る一本の線を引いています。
それは、単なる血のつながりによる系図ではありません。
この系図は、神への信仰によって貫かれています。
ここに記されている、神の恵みによって選ばれた人々は、
神が約束してくださった言葉を次の世代へと語り伝えていきました。
神が約束してくださったこととは、救い主が来るということです。
ですから、アブラハムからキリストに至るまでの系図は、
旧約聖書の時代から人々が待ち望み続けた
救い主キリストが私たちのもとに来たということを意味します。
それは、偶然の思いがけない出来事ではなく、
神の計画のうちに起きた出来事であると証言されているのです。

【「いわくつき」の女性たち】
そのような神の計画の証言であるこの系図ですが、
これを読み進めていくとき、違和感を覚えるかもしれません。
その違和感とは、4人の女性の名前が系図に記されていることです。 
系図を記す際、男性の名前のみを記すのが、ユダヤ人の慣習でした。
しかし、この系図には4人の女性たちの名前が記されています。
娼婦を装ったタマル。 
カナンの遊女ラハブ。 
イスラエルの人々と敵対関係にあったモアブ人の女性ルツ。 
そして、ウリヤの妻。 
この系図に名前が記された4人の女性たちは、
サラやリベカ、ラケルのような偉大な女性たちではありませんでした。
彼女たちはむしろ「いわくつき」の女性たちでした。
この4人の女性たちの中で、特に注目すべきなのは、
この系図の中で唯一名前を記されず、
「ウリヤの妻」とだけ紹介されている女性、バト・シェバです。 

【ダビデは「栄光の王」?】
この「ウリヤの妻」であるバト・シェバによって、
自分の子をもうけたのは誰と記されているでしょうか。 
それは、彼女の夫のウリヤではありません。
ウリヤの妻であるバト・シェバによって、
自分の子をもうけた人物。
それは、この系図の中でただ一人「王」と呼ばれている人物、ダビデです。
ダビデは、イスラエルの偉大な王、栄光の王として知られている人物です。
彼はイスラエル王国を築き上げ、
旧約聖書において、彼のその業績は大いにたたえられています。 
そして、イスラエルという国が滅びてから、ユダヤの人々は、
ダビデのような王が再び現れることを心から願っていました。 
かつて神が、ダビデ王によってイスラエル王国を築き上げたように、 
自分たちをローマ帝国の支配から解き放ち、 堅固な国を築く、
ダビデ王のような指導者を与えてほしいと強く願っていました。
そんな栄光に輝く王であるダビデの名前に、 
そっと添えられているのが、「ウリヤの妻」という記述です。
著者は、あえて「ウリヤの妻」バト・シェバの名前を伏せることによって、 
読者に「ウリヤの妻」とダビデ王との間に起こった、 
あの出来事を思い起こさせようとしているのです。
それは、自分の部下のひとりであるウリヤの妻、
バト・シェバに好意をもってしまったダビデ王が、 
自分の王としての権力を最大限に用いて、彼女の夫であるウリヤを戦死させ、 
バト・シェバを自分の妻にしてしまったという事件でした。
さきほど朗読された、旧約聖書のサムエル記下12章は、
この事件におけるダビデの過ち、ダビデの罪が、
預言者ナタンによって告発される場面です。
預言者ナタンはダビデにこのように言いました。 
なぜ主の言葉を侮り、わたしの意に背くことをしたのか。あなたはヘト人ウリヤを剣にかけ、その妻を奪って自分の妻とした。ウリヤをアンモン人の剣で殺したのはあなただ。それゆえ、剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。あなたがわたしを侮り、ヘト人ウリヤの妻を奪って自分の妻としたからだ。(サムエル記 下 12:9-10) 
この事件の内容を知るとき、一体ダビデのどこが
偉大な王、栄光の王なのか、と問い掛けたくなることでしょう。
確かに、彼はかつてイスラエルという国に繁栄をもたらし、
イスラエルという国の基盤を固めました。
多くの詩編にダビデの名が付されているように、 
ひとりの信仰者としても尊敬に値する人物でした。

【キリストこそ、「栄光の王」】
しかし、彼が最終的にもたらしたものは何だったでしょうか。
預言者ナタンは言いました。
剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。(サムエル記 下 12:10)
ダビデを通してもたらされたものとは、剣でした。
それは、軍事力であり、絶え間ない戦いです。
戦いは決してダビデの家、つまりイスラエルの国から去ることがない、
とナタンはダビデに向かって預言したのです。
あの偉大な王であり、栄光の王と言われるダビデが
最終的にもたらしたものは、平和ではなく、絶え間ない戦いだったのです。
自分たちのもとに剣をもたらす王。
一体誰がそのような王を、自分たちの王として求めるでしょうか。
「剣を取る者は皆、剣で滅び」(マタイ26:52)ます。
剣を手に取り、それを振りかざすとき、憎しみがもたらされます。
そして、その憎しみは絶え間なく連鎖し続けます。
悲しいことに、人類の歴史がそのことを証言しています。
無惨に流された人々の血が、
剣を手に取り戦うことは、滅びを招くと証言しています。
もちろんユダヤの人々も、そのことを十分に知っていました。
しかし、それにも関わらず、イエス様が生まれた時代の人々が求めたのは、
圧倒的な力をもって剣を振りかざす、栄光の王である指導者でした。
ダビデの再来ともいえる指導者によって、
ローマ帝国による支配から解放され、
自分たちの国が、イスラエル王国といわれた
あの時代の姿を取り戻す日を、人々は心から待ち望んでいました。
彼らが望んだこととは、ダビデのような王が振りかざす剣によって、
国が維持され、統治されることでした。
マタイによる福音書の著者は、
ユダヤの人々のこのような思いを知った上で、福音書を書き始めました。
彼は、ダビデの過ちを読者に思いおこさせるために
「ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ」(マタイ1:6)
と記しています。
そうすることによって、
私たちが求めるべきなのは、ダビデ的な王ではないと、
強く宣言しているのです。
ダビデ王よりも優れた真の王が、私たちのもとに来た。
主イエスこそが、栄光の王である、と。 

【弱きキリストのうちに、神の栄光を見る】
しかし、ダビデ王よりも優れた真の王であるイエス様は、
人々が思い描いていたような理想の王、理想の救い主ではありませんでした。
そして何より、イエス様の生涯は、 私たち人間の目から見たら、
栄光に満ちている歩みとは程遠いものでした。 
イエス様は、真の王、栄光の王であるにも関わらず、
人々から傷つけられ、罵られました。
人々から快く迎えられるよりは、拒絶されることばかりでした。
そして、 最後には、イエス様は十字架にかけられ、
栄光の王を待ち望み続けたユダヤの人々に殺されることになりました。
主イエスこそが、栄光の王であるにも関わらず……。
待ち望み続けた王である方、イエス・キリストの、
そのあまりにも弱々しい姿を目撃したとき、多くの人は失望しました。
しかし、十字架へ向かって歩んで行く、
その弱く、見すぼらしい姿のキリストにこそ、神の栄光が現されたのです。
力によってではなく、その弱さによって、イエス様は何を行ったのでしょうか。
イエス様が行ったこと。
それは、私たちの罪を赦し、私たちを救う神の計画です。
自分のことについて考えるのが精一杯で、
周囲の人々を憐れみ、心から愛することができない。
むしろ、憎しみや妬みが沸き起こってくる、私たちのために、
神は、罪の赦しを実現するこの計画を実行してくださいました。
言葉では、神を愛していると言いながら、
結局は自分しか愛していない、私たちのために、
神は、この計画を実行し、愛を示してくださいました。
言葉においても、行動においても、思いにおいても、
ただただ神に背き、周囲の人々を傷つけ続ける、
私たちを、神が憐れんでくださいました。
だから、私たちに救いをもたらす神の計画は実行されたのです。
栄光の王であるイエス様が、
その身分を捨てて、十字架へと至る苦難の道を歩み、
その命を投げ出してまで、私たち一人ひとりを愛し抜く。
神の計画は、私たちのために実行されたのです。
栄光の王であるイエス様の、その圧倒的な弱さを通して。
それは、ユダヤ人が求めたような「栄光」に満ちた姿ではありませんでした。
また、誰もが描く「栄光」に満ちた救い主の姿とも違うでしょう。
しかし、私たちを救いへと導く神の計画が、イエス様を通して実現した。
この点において、神の栄光は、キリストの弱さのうちに輝いているのです。
ですから、私たちは、代々の教会とともに、
この弱き栄光の王であるキリストのうちに、神の栄光を見つめ、
神の行ってくださった業に心から感謝し、神を賛美しましょう。
今日からアドベントが始まります。
主イエスがお生まれになった日を覚え、その日を共に待ち望む季節です。 
私たちの救い主イエス・キリストを、
喜びと感謝をもって、 心から待ち望みましょう。 
栄光に輝く王であるイエス様が、剣ではなく、弱さによって、
私たちに救いをもたらすために来られたのですから。
栄光の王とは誰か。(詩編24:10)
この問い掛けに私たちは、こう答え続けましょう。
それは、私たちの主であるイエス・キリスト。
主キリストこそ、栄光に輝く王である、と。