しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2016年2月28日日曜日

説教#106:「真理に属する共同体」

「真理に属する共同体」
聖書 ヨハネによる福音書18:28-40、エレミヤ書1:9-10
2016年2月28日 礼拝、小岩教会

【ユダヤ人にとっての「トーラー」】
誰もがきっと守るべき何かを持っているでしょう。 
家族や信念、文化、習慣、信仰など、守るべきものは人によって違います。 
イエス様を捕らえたユダヤ人たちにとって、守るべきものは「律法」でした。
旧約聖書の時代から、「律法」は、
「教え」や「導き」を意味する「トーラー」という言葉で呼ばれ、
ユダヤ人たちに親しまれてきました。
そして、神からの恵みの贈り物であり、 
旧約聖書の時代から守られてきた神の言葉である、トーラーは、 
彼らに日々、真理を教え、その生涯を導くものとして愛されてきました。 
このトーラーについて、詩篇の詩人はこのように歌っています。 
あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯。(詩篇119:105)
神の言葉である、トーラーを守ることが、
ユダヤ人にとって、何よりも大切なものであったことを、
この詩編を通して知ることができるでしょう。

2016年2月21日日曜日

説教#105:「鶏は何度鳴いた?」

「鶏は何度鳴いた?」 
聖書 ヨハネによる福音書18:15-27、士師記2:8-15 
2016年2月21日 礼拝、小岩教会(日本ナザレン教団)

【ペトロの三度の否定】
イエス様は、兵士たちやユダヤ人の下役たちに、
ゲツセマネの園で捕らえられた後、アンナスのもとへ連れて行かれました。
この当時の大祭司はカイアファという人でしたが、
アンナスは、カイアファの前任の大祭司であり、
大祭司を退職した後も、強い影響力を持っていました。
そのため、大祭司カイアファのもとへイエス様を連れて行かせる前に、
アンナスは、自分のもとへイエス様を連れてこさせたのです。
さて、この時、アンナスのもとへ連れて行かれる
イエス様の後を追う2人の弟子たちがいたと、ヨハネは報告しています。
それは、「十二弟子」のリーダーであるシモン・ペトロと、
「もう一人の弟子」と呼ばれている人物でした。
イエス様がゲツセマネの園で逮捕された時、
彼らはイエス様を見捨てて逃げてしまいましたが(マルコ14:50)、
どうやら気を取り直して、イエス様の後を追ったようです。
ヨハネによれば、ペトロと一緒にイエス様の後を追った、
「もう一人の弟子」と呼ばれている人物は、
アンナスと知り合いだったようです。
そのため、彼は一緒に来たペトロを連れて、
アンナスの屋敷の中庭にまで入ることができました。
すべての福音書に記されているあの有名な事件が起こったのは、
この時のことでした。
ペトロがイエス様のことを、3度「知らない」と言った事件です。
この話は、なぜこれほど有名な話になったのでしょうか。
それは、この出来事が起こる以前に、 
イエス様がペトロに語ったある言葉が関係しています。
イエス様が捕らえられるその夜、「最後の晩餐」と呼ばれる食事の席で、
ペトロが「あなたのためなら命を捨てます」(ヨハネ13:37)
と言った直後に、イエス様は、ペトロにこのように語りました。
鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう。(ヨハネ13:38) 
悲しいことに、その後、イエス様が言われた通りになってしまったのは、
先ほど読まれた箇所の通りです。
ペトロは3度、イエス様を否定しました。
そして、ペトロが3度イエス様を否定したその時、
鶏の鳴き声が聞こえてきました。
この鶏の鳴き声は、ペトロの心にどのように響いたのでしょうか。
他の3つの福音書を見ると、ペトロは泣いたことが記されています。
イエス様を信じていると言いながら、否定してしまう自分が恥ずかしくなって、
彼は涙をこらえ切れず、泣いたのでしょう。
自分の罪深さに耐え切れなくなって、
自分自身に失望して、彼は涙を流したのでしょう。

2016年2月7日日曜日

説教#104:「主イエスが招く声を聞いたならば」

「主イエスが招く声を聞いたならば」
聖書 マタイによる福音書 4:18-25、イザヤ書 60:19-22
2016年2月7日 礼拝、小岩教会(ナザレン)

【なぜ主イエスに従ったのか?】
イエス様が「わたしについて来なさい」(マタイ4:19)と語り掛け、
弟子たちを招くこの場面を読む度に、私はいつも疑問に思うことがあります。
「なぜ彼らはイエス様に従ったのだろうか」と。
23-25節に描かれている人々については、納得がいくでしょう。
ある人たちは、イエス様の教えを聞いて、
心動かされたから、イエス様に従ったのでしょう。
ある人たちは、悪霊を払ってもらい、病を癒してもらったから。
またある人たちは、奇跡を起こすイエス様の力を目の当たりにしたから、
イエス様に従ったのでしょう。
このように、23-25節に登場する人々に関しては、
彼らがイエス様に従ったその動機を想像できるので、
彼らの行動に納得ができます。
では、あの2組の兄弟たちに関してはどうでしょうか?
ペトロとアンデレ、そしてヤコブとヨハネは、
なぜイエス様に従ったのでしょうか。
残念ながら、彼らがイエス様に従った動機は記されていません。
ペトロたちにとって、イエス様との出会いは突然のものでした。
漁師である彼らは、いつものように朝を迎え、仕事に出て行き、
いつものように、ガリラヤ湖で仕事をしていたのですから。
そんな時彼らは、突然、イエス様から声を掛けられたのです。
「わたしについて来なさい」(マタイ4:19)
彼らがイエス様に従った理由は、
イエス様の教えを聞いたからでも、病を癒されたからでも、
奇跡を目の当たりにしてからでもありませんでした。
もちろん、彼らには彼らなりの理由があって、イエス様に従ったのだ思います。
しかし、その動機を福音書記者マタイは書き記しませんでした。
彼らがイエス様に従った動機について、沈黙することによって、
マタイはあるひとつのことを強調しています。
彼らがイエス様に従って、弟子となった理由はただひとつである、と。
それは、彼らがイエス様に名前を呼ばれて、従うようにと招かれたからです。
イエス様が招くならば、抵抗できない。
神の招きとは、そのような力強いものなのだと、
この物語は証言しているのです。
イエス様に従う者たちが心の中で抱く様々な動機が、
イエス様に従う者たちを、イエス様の弟子にするのではありません。
イエス様の招きが、イエス様の招く声が、
イエス様に従う者たちを、イエス様の弟子にするのです。
それは、いつもイエス様のそばで過ごしていた、
ある特定の人々にのみ言えることではありません。
いつの時代の信仰者にも言えることです。
私たちが、イエス様に従う動機は、実に様々です。
しかし、私たちが抱く動機が私たちに信仰を与え、
私たちをイエス様の弟子にするのではありません。
そうではなく、神の招きこそが、私たちに信仰を与え、
私たちをイエス様の弟子にするのです。