しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2016年8月28日日曜日

説教#131:「何を祈るべきなのか?」

「何を祈るべきなのか?」 
聖書 マタイによる福音書6:11-15、創世記50:15-21 
2016年 8月 28日 礼拝、小岩教会 

【一体何を祈るべきなのか?】 
私たちはいつも神との祈りの交わりに招かれています。 
しかし、その祈りにおいて、一体何を祈れば良いのでしょうか。 
イエス様は、「だから、こう祈りなさい」と言って、 
「主の祈り」を通して、私たちに祈りの模範を示してくださいました。 
イエス様によれば、私たちは「父なる神よ」と
神に向かって呼びかけて、祈り始めることが出来ます。
また、私たちが心で抱く願いや思いよりも、 
神のみ心、神の計画こそがなされることを祈り求めるようにと、
イエス様は主の祈りの前半部分で教えてくださいました(マタイ6:9-10)。
しかし、そのように神の計画が実現することを願う一方で、 
私たちが日々感じる思いや、心で抱く悩み、悲しみが 
蔑ろにされているわけでは、当然ありません。 
私たちが自分自身のために祈り、
また、共に生きる愛する人々のために祈るとき、 
何を祈るべきなのかを、イエス様は主の祈りの後半部分で教えてくださいました。 

2016年8月21日日曜日

説教#130:「神の名を呼ぶ」

「神の名を呼ぶ」 
聖書 マタイによる福音書 6:9-10、創世記 28:10-19 
2016年 8月 21日 礼拝、小岩教会 

【神を「父」と呼ぶこと】 
イエス様は「だから、こう祈りなさい」と言って、 
私たちに祈りを教えてくださいました。 
その祈りは、このような言葉から始まりました。 
天におられるわたしたちの父よ(マタイ6:9a) 
この祈りを、教会は「主の祈り」と呼んで、毎週祈り続けています。 
毎週のように祈り続け、イエス様が教えてくださった祈りの言葉を覚え、 
記憶に、そして心に刻み込んでいます。 
祈りは、神との対話ですから、 
まず初めに、神に呼びかけることから始まります。 
イエス様が教えてくださったこの祈りは、 
神を「お父さん」と呼ぶことから始まっています。 
聖書を読むと、神について、様々な呼び方があることに気付くでしょう。 
全能の神(詩編91:1)、生ける神(ヨシュア3:10)、
恵み深い神(詩編68:11)。 
私の羊飼い(詩編23:1)、私の光(詩編27:1)。 
そして、アブラハムの神、イサクの神(創世記28:13)などというように。 
イエス様は、そのような数ある神への呼びかけ方の中から、 
神を「お父さん」と呼ぶことを選ばれました(マラキ2:10参照)。
この呼び方は、父親と子どもの関係にある親密さが、 
神と私たちとの関係の中にあることを示すものです。 
しかし、それは、自分の父親を通して、
神がどのようなお方なのかを知ることが出来る、という意味ではありません。 
私たちひとりひとりには、血のつながりのある父親がいます。 
しかし、彼らには、理想的で尊敬できる側面もあれば、 
人間的な弱さを抱え、決して喜ぶことのできない一面も持っています。 
そのため、父親との間に良い関係を築けない人も、 
父親から愛情を受けられず、傷付けられてきた人もいます。 
ですから、自分の父親を見つめて、
父親との関係の中で受け取るイメージを神に当てはめるような仕方で、
神を「父なる神」と理解するべきではありません。 
そうではなく、ただ神おひとりが、私たちの父であると、 
私たちは、イエス様が教えてくださった、
この祈りを通して知ることが出来るのです。 
そして、イエス様を通して、私たちは「父なる神」について、
その生涯をかけて学び続けていくのです。

2016年8月14日日曜日

説教#129:「心を神に向けよ」

「心を神に向けよ」 
聖書 マタイによる福音書6:5-8、サムエル記上1:12-20 
2016年 8月 14日 礼拝、小岩教会

【心をどこに向けるべきなのか?】 
日々の生活の中で、私たちは様々なものに目を向け、心を向けています。 
集中して取り組んでいることがあれば、 
周りの声も聞こえず、心をひたすらにその物事に向けます。 
また、悩みがあれば、その悩みの種となっていることが、 
ぐるぐると頭の中を駆け巡り、悩んでいる事柄に心を奪われてしまいます。 
そうなってしまうと、今取り組んでいる物事に対して、 
「心ここにあらず」といったような状態になってしまうことでしょう。 
イエス様はきょうの言葉を通して、私たちが祈るとき、 
私たちの心をどこに向けるべきかを、教えてくださいました。 
イエス様は、ご自分のもとに集まっている人々に、
このように語り掛けられました。 
祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。(マタイ6:5) 
当時のユダヤの人々は習慣として、 
毎日3回、朝・昼・夕の決まった時間に祈りを捧げていました。 
祈りの時間になると、人々は祈りを捧げるために、どんなことをしていても
それまでしていたことの手を、一度止めて、祈り始めたようです。
敬虔な、信仰深いユダヤ人たちは、 
一定の祈りの時間には大通りに立って祈り、
一般の民衆に祈りの時間だということを示したそうです。
自分自身の祈る姿勢によって、自分が祈る姿を見ている周囲の人々に、
敬虔な信仰者の姿勢を教えてやろうと思ったのでしょう。
しかし、イエス様はそのような人々のことを、 
「人に見てもらおう」という動機で動いている
「偽善者」であると言われました。 
新約聖書は、もともとギリシア語で書かれているのですが、 
「偽善者」と訳されているもともとの言葉を調べてみると、 
「役者」という意味であることがわかります。 
つまり、彼らは「敬虔で、信仰深い人」を演じているに過ぎず、 
人々から「あの人は信仰深い人だ」とほめられたいがために、 
敬虔な自分という偽りの姿を演じている偽善者なのだ、
とイエス様は指摘しているのです。 
本来、祈るとき、私たちの心は神に向けるべきです。 
しかし、彼らの心は一体何処に向いていたでしょうか。 
彼らの心は、神の方にではなく、周囲の人々の方に向いていました。
また、人々の目に映る自分自身の姿に心が向いていました。 

2016年8月7日日曜日

説教#128:「神から受ける報酬」

「神から受ける報酬」 
聖書 マタイによる福音書6:1-4、列王記上17:8-16 
2016年 8月 7日 礼拝、小岩教会 

【善い行いをする動機を問う主イエス】
報酬を受け取ることは、誰もが喜ぶであろう、嬉しいことです。 
自分の行ってきたことが、正しく評価されたことを
目に見える形で知ることが出来るからです。
イエス様は、私たちの行いとそれに対する報酬について、
このように語り始めました。 
見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。(マタイ6:1a) 
イエス様がここで言う「善い行い」とは、ユダヤの人々の間で、 
信仰者の義務として受け止められてきた3つの行いのことを指しています。 
その3つとは、施しをすることと、祈ること、そして断食をすることでした。 
イエス様は、ユダヤの人々が信仰者の義務として受け止めてきた、 
これらの善い行ないについて、
2節から1つずつ触れて、人々に教えを語りました。
イエス様はその導入として、3つの善い行いについて語る前に
「見てもらおうとして、 人の前で善行をしないように注意しなさい」
と語られたのです。
もちろん、善い行いの種類によっては、
人の前でしなければいけないものもあるでしょう。
そのため、ここでイエス様が問題としているのは、 
「善いことを決して人前でしてはいけない」ということではありません。
「善い行いをする際に、あなたはどのような動機を抱いていますか」
と、イエス様は問い掛けているのです。
イエス様は言われます。 
人から「見てもらおう」という動機で、
つまり自分が人々から賞賛を受けるために、
人の前で善い行いをしないように注意しなさい、と。
本来、善い行いは、共に生きる周囲の人々にとって、良いことだと思うから、
喜ばれることだと思うからなされるものです。
きれいな環境をつくりたいから、ゴミを拾う。
うずくまって助けを求めている友人がいるから、
声をかけて、一緒に時間を過ごす。
このように、本来善い行いというものは、
共に生きる人々を愛するためになされるのです。
しかし、そのような本来の目的を見失い、
自分が賞賛を受けるという報酬を自分で作り出してしまっている。
そして、自分が賞賛を受けることを目的としてしまいやすい人々の姿を見つめて、
イエス様は嘆き、悲しみを覚えて、このような言葉を語られたのです。
見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。(マタイ6:1a)