しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2017年3月26日日曜日

説教#160:「この都を愛する神」

「この都を愛する神」 
聖書 ヨナ書 3:1-10、コリントの信徒への手紙 二 5:16-21
2017年 3月 26日 礼拝、小岩教会 

【神に愛される人とは?】 
私たちの教会で、毎月1回行っている
子ども向けの集会「小岩ワーシップタイム」で、 
今月は集まった子どもたちに、ひとつの質問をしてみました。 

「神さまに愛されるためには、どうすればよいでしょうか?」

4つの選択肢を用意して、子どもたちに
「これかな?」と思うものに手をあげて答えてもらいました。
私が用意した4つの選択肢は、このようなものでした。

①神さまに愛されるためには、何もしなくても良い。
 神さまはすべての人を愛している。
②神さまに愛されるためには、良いことをたくさんすれば良い。
 お手伝いをしたり、学校の宿題を忘れずにしたり、
 親や先生の言うことを聞く「良い子」を神さまは愛してくれる。
③神さまに愛されるためには、優秀な人になれば良い。
 良い子でいるなんて、当たり前。
 優秀にならなきゃ、神さまからは愛されない。
 優秀な人だけを神さまは愛してる。
④神さまに愛されるためには、悪いことをすれば良い。
 神さまは寧ろ、悪い子を愛している。

このような4つの選択肢をあげて、
その日集まった子どもたちに「神さまに愛されるためには、
どうすればよいか」と尋ねてみたところ、
ふたつめの選択肢で手をあげた子どもたちが、とても多くいました。
その場にいた子どもたちの多くは、このように思ったのです。
「良い人間こそが、神に愛されるべきだ」と。
……本当にそうなのでしょうか?
私たちの神は、自分好みの人間だけを偏って愛する方なのでしょうか?
そのようなことは、絶対にありません。
私たち人間は皆、神に愛されるために、神によって造られました。
その意味で、私たちが神に愛されるために出来ることは何もありません。
私たちは、既に、神に愛されている存在だからです。
しかし、それにも関わらず、私たちは、心の何処かで思ってしまうのです。 
「善い人間こそが、神に愛されるべきで、 
悪い人間は皆、神によって滅ぼされるべきだ」と。
私たちが心の何処かで思い、また時には願ってやまない、
このような考えに対して、「ヨナ書」に記されている物語は、
真っ向から反対意見を表明しています。 
「そうではない、すべての人が神に愛されているのだ」と。

2017年3月19日日曜日

説教#159:「私たちの救いはどこから来るのか?」

「私たちの救いはどこから来るのか?」
聖書 ヨナ書 2:1-11、マタイによる福音書 1:21
2017年 3月 19日 礼拝、小岩教会

【「わたしの助けはどこからくるのか?」】 
「わたしの助けはどこから来るのか」(詩編121:1)。
さきほど一緒に声を合わせて読んだ、詩編121篇は、 
このように問いかけることから始まりました。 
私たちの助け、私たちの救いは、一体どこから来るのでしょうか? 
詩編121篇で明確に証言されているように、 
私たちの助け、私たちの救いは、「天地を造られた主のもとから」来ます。 
そのように確信していたからこそ、詩編121篇を歌った詩人は、 
神の助けと守りを求めて、いつも祈り続けました。 
きょう、私が皆さんに問いたいのは、 
詩編121篇を歌った詩人のように、 
ヨナにとっても、「神は救いであり得るのか?」ということです。 
ヨナ書1章を通して、ヨナについてわかることは、 
彼が模範的な預言者であるというよりは、 
預言者としても、信仰者としても、 
彼が私たちにとって反面教師的であることです。
ヨナは、「ニネベへ行きなさい」と命じる神の前から逃げ出し、 
預言者として与えられている使命を放棄しました。 
また、そんなヨナを何とか呼び戻そうと、 
神が嵐を起こしても、彼は神との交わりを拒み続けました。 
そして、最終的に彼は海に投げ込まれることになってしまったのです。 
そんな彼に対して、果たして、神は救いであるのでしょうか? 

2017年3月12日日曜日

説教#158:「あなたはなぜ祈らないのか?」

「あなたはなぜ祈らないのか?」
聖書 ヨナ書 1:1-16、ローマの信徒への手紙 10:12-13 
2017年 3月 12日 礼拝、小岩教会 

【なぜ祈らないのか?】 
「立って、ニネベへ行きなさい」
と神から命じられた(ヨナ1:2)、預言者ヨナは、
ニネベとは正反対の方向である、はるか西の方を目指して旅立ちました。
彼はこのとき、神に従うことを徹底的に拒否して、
タルシシュ行きの船に乗ったのです。
そんなヨナを引き戻すために、神は大きな嵐を引き起こしました。
4節によれば、ヨナが乗っていた船が今にも転覆してしまいそうになるほど、
この嵐は激しいものだったようです。
それほど激しい嵐が起こったため、ヨナと同じ船に乗っていた人々は、 
船が沈まないように、出来る限りのことをし始めました。
激しい波風の音に負けないほどの叫び声を上げ、
彼らは、各々が信じる神に祈り求めました。
「神よ、助けてください」と。 
また、船の積荷を海へ投げ捨て、船を少しでも軽くしようとしました。
しかし、嵐は一向に静まる気配がなく、船は今にも沈みそうな様子でした。
このように、人々が嵐の中で慌てふためいていたそのとき、
この嵐の原因である、あのヨナは一体どうしていたのでしょうか。
何とヨナは、「船底に降りて横になり、
ぐっすりと寝込んでいた」(ヨナ1:5)そうです。
激しい雨や風の音や、同じ船に乗っていた人々の叫び声、
また船の中が騒がしい様子も彼の耳には全く届かず、
ヨナは眠り込んでいました。 
そんなヨナを見つけた船長は、眠っている彼を起こして言いました(ヨナ1:6)。
「これだけ船が揺れているのに、君はなぜ寝ていられるんだ? 
凄い嵐だろ? 
ほら、ごらん、このままではこの船は沈んでしまうよ。 
こんな状況なのに、君はなぜ寝ていられるんだ? 
そして、なぜ君は祈らないの?
君が祈るならば、君の信じる神が気づいて、
君や僕らのことを助けてくれるかもしれないだろ? 
だから、さぁ、今すぐ君の信じる神に、向かって祈りなさい。」

2017年3月5日日曜日

説教#157:「神の言葉との衝突」

「神の言葉との衝突」
聖書 ヨナ書 1:1-4、ローマの信徒への手紙 8:38-39
2017年 3月 5日 礼拝、小岩教会 

【「ニネベに行ってこれに呼びかけよ」】
旧約聖書の時代、イスラエルの国には「預言者」と呼ばれる人たちがいました。 
彼らの使命は、神から与えられた言葉を人々に伝えることです。
しかし、彼らが語るように示された言葉のほとんどは、
希望に溢れる言葉というよりは、 
神に向き合わない人々に警告を与える厳しい言葉でした。
そのため、本当はここまで厳しいことは伝えたくないけれども、
自分たちイスラエルの民が、神に心から立ち帰るという目的を果たすために、
心を痛めつつも、預言者たちは人々に語り続けたのです。
きょうの物語に登場する、ヨナという人もまた、預言者のひとりでした。 
ダビデ王からおよそ200年後の紀元前8世紀の前半、
ヤロブアム2世という王さまがイスラエルの北王国を治めていた時代に、
ヨナは預言者として活動をしていたようです(列王下14:25)。 
そんなヨナに、神が語り掛け、
彼に使命を与えることから「ヨナ書」は始まります。 

「さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている。」(ヨナ1:2)

「ニネベ」という町は、イスラエルの国の北東にある大きな都でした。
そして、ニネベは、イスラエルの敵国である、
アッシリア帝国の首都として、よく知られていました。
そんな場所に、なぜ、神はヨナを遣わそうとしたのでしょうか?
それは、「ヨナ書」を読んだ、多くのユダヤ人たちの疑問だったと思います。
 神はヨナをニネベへ遣わす理由について、
「彼らの悪はわたしの前に届いている」と語りました。
神は、ヨナを預言者として遣わして、
悪名高いニネベの町の人々に警告を与えようと計画されたのです。
ヨナにとって、神がこのような使命を自分に与えるのは、
信じられないことだったと思います。
ヨナは、イスラエルのために立てられた預言者です。
それにも関わらず、「なぜ敵国のニネベにまで行かなければいけないのか?」
「なぜ悪名高いあのニネベの人たちが回心することを願って、
預言を彼らのために語らなければならないのだろうか?」と、
彼のその心は疑問や不満だらけでした。
神の言葉を聞いたこのとき、ヨナの思いと神の思いとがぶつかり合いました。
その結果、ヨナの心に大きな葛藤が生まれたことが想像できるかと思います。