しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2016年7月31日日曜日

説教#127:「神の愛を携えて生きるならば」

「神の愛を携えて生きるならば」
聖書 マタイによる福音書5:43-48、サムエル記 上24:2-7
2016年 7月 31日 礼拝、小岩教会

【「隣人を愛し、敵を憎め」】
旧約聖書に記されている数ある言葉の中で、
最も重要な戒めはどの戒めなのでしょうか(マタイ22:36参照)。
イエス様はあるとき、このような問い掛けを受けたとき、
神を愛することと、隣人を愛することである、
と答えました(マタイ22:37-40)。
イエス様が最も重要な言葉であると語った「隣人を愛する」ことについて、
先ほど朗読していただいた箇所でも、イエス様は触れています。
しかし、一体どういうことでしょうか。 
43節に記されているイエス様の言葉には、「隣人を愛しなさい」の後に、
「敵を憎め」と、もうひとつ命令が加えられています。 
「あなたがたも聞いているとおり、
『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている」と。
イエス様はこれまで4度も、人々の間で広く受け入れられている、
旧約聖書の律法やその解釈などを取り上げた後、
「しかし、わたしは言う」と言って、人々に教えを語りました。
『隣人を愛し、敵を憎め』も、当時のユダヤの人々に
広く受け止められていた言葉のひとつです。
しかし、旧約聖書のどこを探しても、「隣人を愛しなさい」はありますが、
「敵を憎みなさい」とは記されていません。
恐らく、「敵を憎め」とは、「隣人を愛しなさい」の解釈なのでしょう。
イエス様が語る以前から、ユダヤの人々にとって、「隣人」とは、
自分たちの同胞であり、同じ信仰を共有する仲間たちのことを指す言葉でした。
そのため、彼らにとって「敵」とは、
同胞のユダヤ人以外の人々のことを意味していました。
たしかに、ユダヤの人々は同胞以外の人々から、
長い間苦しみを受けてきました。 
そして、イエス様に従う人々は、 
同じユダヤ人からもいじめられ、馬鹿にされていました。
そのため、「隣人を愛しなさい」という命令を、
「敵を憎め」という意味も含む言葉として、彼らは受け取ってきたのでしょう。
しかし、イエス様は「隣人を愛しなさい」という言葉について、 
「しかし、わたしは言っておく」と語り、その場にいた人々を諭されました。
「そのような理解であってはいけない」と。

2016年7月24日日曜日

説教#126:「それでも、復讐を選ばない」

「それでも、復讐を選ばない」 
聖書 マタイによる福音書 5:38-42、創世記 26:12-22 
2016年7月24日 礼拝、小岩教会 

【際限なく繰り返される「復讐」】
「目には目を、歯には歯を」(マタイ5:38)。
とても有名な聖書の言葉です。 
聖書の言葉であるとともに、「ハンムラビ法典」にも記されていることから、 
古代の人々の間でも広く行き渡っている、有名な法律だったのでしょう。 
ただ残念なことに、現代において、
「目には目を、歯には歯を」というこの言葉は、 
しばしば誤解されて用いられています。
「やられたら、やり返せ」。
目を潰されたら潰し返してやり、
歯を折られたら、歯を折り返してやる。
そのような報復は許されているんだ、
「目には目を、歯には歯を」(マタイ5:38)なのだから、という具合に。
しかし、「目には目を、歯には歯を」(マタイ5:38)は、
そのような意味を込めて作られたものではありません。
私たち人間は、もしも復讐や報復が正当化されるならば、
それを際限なく繰り返してしまうでしょう。
奪われたものがあったなら、奪われた以上のものを奪い、
傷つけられたなら、受けた傷以上の傷を負わせたいと望むことさえあります。
「目には目を、歯には歯を」(マタイ5:38)という言葉は、
このように、私たち人間が、憎しみや復讐の思いを抱き、 
報復の計画を練り始めたら、
際限なく復讐が繰り返されることをよく知っています。
その復讐や報復の思いが、たとえ小さな火だったとしても、 
それは簡単にはなくならないことも、
また、それが燃え続けるならば、
しまいには大きな火事を引き起こすこともよく知っています。
このような復讐の連鎖を断ち切るために、 
「目には目を、歯には歯を」という法律がつくられました。
あなたがたは、際限なく、復讐や報復をしてはいけない。
目を奪われたなら、目まででとどめなさい。
歯を折られたならば、歯を折ることでとどめなさい。
それ以上の報復を行って、お互いに傷つけ合うべきではない。
そのような思いを込めて、この法律はつくられ、
古代の人々の間で広まり、広く受け入れられていました。

2016年7月17日日曜日

説教#125:「神の前に誠実に生きる」

「神の前に誠実に生きる」 
聖書 マタイによる福音書5:33-37、ルツ記2:10-13
2016年 7月 17日 礼拝、小岩教会 

【「偽りの誓いを立てるな」】
私たちはなぜ誓うのでしょうか。 
なぜ制約をして、固く約束をするのでしょうか。
それはきっと、自分の誠実さを相手に伝えるためでしょう。 
たしかに自分は、このことを果たしますというとき、 
その保証として、人は何かの前に誓うのでしょう。 
ときには、誓約書にサインをして、その誓いを破った場合は、
何らかの損害を被るというリスクを引き受けることもあります。
また、自分の正しさを証明するために誓うこともあるでしょう。
何か疑いをかけられたとき、人は誓います。
絶対自分ではない、と。
イエス様は「誓い」について、人々に語る際、
昔の人々が命じてきた言葉を取り上げました。 
偽りの誓いを立てるな。主に対して誓ったことは、必ず果たせ(マタイ5:33) 
偽りの誓いを立ててはならない。
聖書を用いてわざわざ語らなくとも、 
すべての人が、当然偽って誓うことはあるべきではないと思うことでしょう。 
しかし、現に、偽りの誓いはなされています。
他の人を騙して、出し抜くために、または、騙した相手を冷やかすために。
また、自分だけが損をしないために、偽りの誓いはなされます。
ユダヤの社会において、偽りの誓いは、
主なる神に対して行われることがないように、と考えられました。 
「主に対して誓ったことは、必ず果たせ」と訳されているギリシア語の原文は、 
「あなたの誓いは主に返しなさい」と訳すことができます。 
つまり、ここで語られていることは、「誓い」というものは、 
神に対して返済すべき義務を負ったことになる、ということです。 
神に対して誓ったならば、
その誓いを、あなたの行動を通して返す義務があるのだから、
必ずその誓ったことを果たしなさいということになります。
しかし、もしも、神に対して偽りの誓いをした場合、
誓ったことを神に返すことなど、決して出来ません。
そのため、誓ったことを神に返すことが出来ないのならば、
神に対して返済の義務が果たせない状態になってしまいます。
つまり、この「偽りの誓いを立てるな。
主に対して誓ったことは、必ず果たせ」という言葉は、
あなたが神の前で誓いを立てるなら、
必ずその義務を果たせる誓いをしなさいと言っているのです。

2016年7月10日日曜日

説教#124:「神が結び合わせたのだから」

「神が結び合わせたのだから」 
聖書 マタイによる福音書5:31-32、創世記2:21-25
2016年 7月 10日 礼拝、小岩教会

【離縁状を書けば、離縁は正当なものと認められるのか?】 
「妻を離縁する者は、離縁状を渡せ」。 
この言葉は、おそらく、旧約聖書の申命記に記されている言葉の要約です。 
そこにはこのように記されています。 
人が妻をめとり、その夫となってから、妻に何か恥ずべきことを見いだし、気に入らなくなったときは、離縁状を書いて彼女の手に渡し、家を去らせる。(申命記24:1) 
この言葉を、当時の人々は要約して、こう言ったのです。
「妻を離縁する者は、離縁状を渡せ」と。 
この言葉が、申命記に記されている言葉の要約だとするならば、
イエス様の時代の人々が、離婚の手続きをすすめる際、 
「離縁状を書く」ことが重要視されていたことがわかるでしょう。 
つまり、たとえ離婚をするのにまっとうな理由がなかったとしても、
離縁状さえ書いて、妻に渡せば、離婚は正当なものとして認められる、
という理解が一般的に広まっていたのです。
しかし、そのような理解で本当に良かったのでしょうか。 
イエス様はそのような理解で良いとは、決して考えませんでした。 
そのため、「しかし、わたしは言っておく」と言って、 
イエス様は人々の理解を正そうとされたのです。 
イエス様は、このように語りました。 
不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。(マタイ5:32) 
この言葉が男性の視点で描かれているのは、 
聖書の時代が男性優位の社会だったためです。 
適当な理由をつけて、離婚をすることは、 
男性の側からのみ可能なことでした。 
では、離縁状を渡されて、離婚をすることになり、
夫のもとから去っていかなければならなくなった女性は、
この当時どうなったのでしょうか。
男性優位の社会が築かれていた、この当時、 
女性は結婚をして、男性に養われないと、生きることができませんでした。
離縁状を夫から渡された女性は生きていくために、
何としてでも、再婚しなければなりませんでした。
再婚が出来なければ、貧しい生活を強いられます。
何とか生きていくためには、
娼婦や奴隷として生きる道を選ぶしかなかったことでしょう。
ですから、イエス様は、自分の妻を離縁する者は誰でも、
「離縁した女性に、姦通の罪を犯させることになる」 と語りました。
そのように語ることによって、イエス様は、
弱い立場に立たされていた女性たちを守ろうとしたのです。 
不純な動機であったとしても、
離縁状さえ書けば、離婚は正当なものと認められると考えていた当時の人々に、 
そのような考え方で良いわけないと、イエス様は強く反対されたのです。 

2016年7月3日日曜日

説教#123:「だから、主イエスは来た」

「だから、主イエスは来た」 
聖書 マタイによる福音書5:27-30、士師記19:15-30
2016年 7月 3日 礼拝、小岩教会 

【「姦淫するな」と語られた理由】 
モーセの十戒の7番目に記されている言葉について、
イエス様は語り始めました。 
「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。(マタイ5:27-28) 
旧約聖書において「姦淫」とは、
神が喜びとする結婚生活のあり方から外れた状態を意味します。 
既婚の者や婚約中の者と、性交渉を持つことは禁止されていました。 
旧約聖書の時代から、
「姦淫するな」と強く禁じられたのには理由がありました。 
「結婚は、神の業である」というのが聖書の主張だからです。
その結婚した夫婦の関係が、本人たちの手によっても、 
また他の誰の手によっても、傷付けられ、損なわれたりしないために、 
旧約聖書の時代、「姦淫」は厳しく非難され、罰せられました。 
結婚が尊ばれていたからこそ、 
結婚した二人の関係がより豊かなものであり続けて欲しいと
神が願ったからこそ、「姦淫するな」という掟が、
神によって定められたのです。