しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2013年10月22日火曜日

モレノ#27:「夏休み突入」(モレノ2013年8月号掲載分)

7〜10月に書いた月報の原稿を掲載するのを忘れていました。
今日から3日連続で投稿します。(8月は休載しました)

教会月報『モレノ』(Monthly Report of the church of the Nazarene in Oyama)に掲載した原稿をアップします。

                               

夏休み突入』(教会月報「モレノ」2013年8月号掲載)

【夏休みの目標(有言実行を目指して!)】
前期の授業が終わり、あっという間に夏休みになってしまいました。これからが早い気がするので、時間があるからといって気を抜かずに、やるべきことに向き合って行きたいと思います。 
今年の神学校の夏季派遣は、8/9~16に近畿地区に行くことが決まりました。礼拝と祈祷会で説教の機会が与えられたので、しっかり準備して臨みたいと思います。個人的に近畿地区の夏の暑さに負けないかが一番心配です。健康が守られるようにお祈りください。
奉仕の予定もいくつかあるのですが、その準備と並行して、卒論(ヘブライ人への手紙についての論文)のための学びを今年の夏は進めていく予定です。まだ時間があるからだと思いますが、今のところ楽しみながら学びを進めることができています。夏休みが終わる頃、ここに焦りを感じさせる文章を載せることにならないように頑張ります。

【メサイア鑑賞】
先日、「メサイア」のコンサートチケットを譲っていただいたので、友人と一緒にメサイアを聞きに行って来ました。これまでじっくり通して聞いたことはなかったので、事前にCDをレンタルして、予習してから当日を迎えました。ヘンデルの「メサイア」は、聖書の言葉を引用して歌われています。どのように楽曲に言葉を乗せているのか、合唱なのか、独唱なのかなどを注意しながら聞いていると、ヘンデルが何を強調したかったのかが何となくわかり、非常に面白かったです。

【英語聖書の通読をはじめました】
「メサイア」を聞いたこともひとつのきっかけになっていると思いますが、2週間ほど前からもっと英語の勉強に力を入れようと思い、英語聖書(New International Version)の通読をはじめました。英語での読書量が圧倒的に足りないのが一番英語が伸びない原因だと思うので、とにかく読み続けることが目標です。

【お祈りください】
・8/9(金)~16(金)の夏季派遣のために。今年は近畿地区の教会をまわります。近畿地区のティーンズキャンプにも参加予定です。準備と当日の奉仕のために。
・今年度の尾山台教会での奉仕と交わりのために。8月25日(日)に礼拝と夕拝で説教の奉仕予定です。
・今年度のナザレン神学校での学びのために。卒業論文の執筆、卒業に向けての備えのために。与えられている時間をうまく使うことができるように。
・今年度の神学校での交わりと、神学校・教団本部の移転のために。
・日々、健康が守られるように。

2013年7月19日