しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。 - ヘブル人への手紙 11章16節

2017年4月23日日曜日

説教#164:「行って、学びなさい」

「行って、学びなさい」
聖書 マタイによる福音書 9:9-13、ホセア書 5:15-6:6
2017年 4月 23日 礼拝、小岩教会

【「罪人」と見なされていた徴税人たち】
イエス様の時代、ユダヤの国は、ローマ帝国の属州となっていて、
ローマ帝国の支配下にありました。
そのため、ユダヤの国の人々には、ローマ帝国へ納税の義務がありました。
土地税や営業税、関税など、これらの税金を、
ユダヤの国を担当する総督から委託されて、
ユダヤの人々から税金を集めた人々が、
きょうの物語で登場する「徴税人」と呼ばれる人たちです。
ユダヤの人々は、「徴税人たちは罪人である」と考えていました。
なぜなのでしょう。
それは、多くの徴税人たちが、必要以上に多くのお金を集めて、
そのお金を自分の懐に入れていたからです。
しかし、それ以上に、彼ら徴税人たちが罪人と呼ばれたのは、
ローマ帝国におさめる税金を、
仲間のユダヤ人たちから集める手伝いをしていたためでした。
その上、徴税人たちは、その仕事をするためには、
必ずローマの人々と交わりを持たなければなりません。
異教徒と交わりをもつことは、汚れをもたらすと見られていたため、
徴税人たちは、異教徒の仲間と見なされ、
人々から嫌われ、偏見の目で見られていたのです。

2017年4月16日日曜日

説教#163:「閉じたものが開くとき」

「閉じたものが開くとき」
聖書 マルコによる福音書 16:1-8、イザヤ書 25:6-9
2017年 4月 16日 礼拝、小岩教会

【主イエスの葬られた墓に向かう女性たち】
それは、日曜日の早朝に起こった出来事でした。
マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、そしてサロメという名の
3人の女性たちが、陽が昇ってまだまもない時間に、
イエス様の身体が納められているお墓へと向かって歩いていました。
こんなにも朝早くに、彼女たちがお墓まで来たその目的は、
2日前に十字架にかけられ、息を引き取った
イエス様の身体に油を塗って、イエス様を葬るためでした。
でも、彼女たちはなぜイエス様の葬りを、
イエス様が亡くなってすぐに出来なかったのでしょうか。
それは、イエス様が息を引き取った日が関係していました。
イエス様が十字架の上で死を迎えたのは、
金曜日の午後3時頃のことでした(マルコ15:34)。
現代の私たちと違って、ユダヤの人々にとって、
日が沈んでから1日が始まりました。
つまり、イエス様が息を引き取ったのは、
ユダヤの人々にとって、一日の終わりの時間帯。
あと数時間後には、翌日、つまり「安息日」を迎えます。
安息日には、あらゆる行動が禁じられていたため、
葬りにも不都合が生じるという理由からか、
イエス様は急いでお墓へ納められ、葬られたのです。
ですから、安息日が明けた日に、
イエス様を慕っていたこの女性たちが、
早朝からお墓へ向かうことは、とても納得できる行動です。
愛するイエス様を葬ることが、ようやく出来る。
誠心誠意、愛をこめて、イエス様を葬りたいと願って、
彼女たちはお墓へ向かって歩んで来たのです。
ただ、彼女たちには、ひとつの心配事がありました。
イエス様が葬られたお墓の入り口は、大きな石で閉じられていたのです。
その石は、自分たちの力では、とても動かせそうにありません。
イエス様を葬るためにやって来たのは良いけれども、
「一体、誰が墓の入り口からあの石を転がしてくれるだろうか」。
そのような不安を口々に語りながら、
彼女たちはお墓の前までやって来ました。
すると、どうしたことでしょうか。
心配に思っていたあの大きな石が、既にわきへ転がしてあり、
お墓の入り口が開いているではありませんか。
心配事が思わぬ形で解決されていたことを不思議に思いながら、
この3人の女性たちは、お墓の中へと入って行きました。

2017年4月9日日曜日

説教#162:「子ロバでありたい」

「子ロバでありたい」
聖書 マルコによる福音書 11:1-11、ゼカリヤ書 9:9
2017年 4月 9日 礼拝、小岩教会 

【エルサレムに入場する人々】 
ホサナ。
主の名によって来られる方に、
祝福があるように。(マルコ11:9)

詩編118篇に記されている讃美を高らかに歌いながら、
あるひとつの、奇妙な集団がエルサレムにやって来ました。 
その中心にいたのは、子ろばに乗ったイエス様でした。
イエス様を取り囲んで歩む多くの人たちは、自分の服を道に敷き、 
他の人々は野原から葉のついた枝を切って道に敷いて、
イエス様が進んで行く道を整えました。
これはまるで、王さまがやって来たことを喜び祝うパレードでした。
「この方こそ、私たちが待ち望んでいた王、救い主メシアだ。
ホサナ!どうか私たちを救ってください!祝福あれ!」
このように人々は熱狂的になり、叫び、歌いながら、
イエス様と共にエルサレムの町へと入って行ったのです。 
ところで、イエス様の弟子たちをはじめ、当時のユダヤの人々が 
待ち望んでいた王さまとは、どのような王さまだったのでしょうか。
ユダヤの人々にとって、それは、この時からおよそ1,000年前に、
この地に王国を築いたダビデのような王さまでした。
彼らにとって、ダビデ王こそ、偉大な王さまであり、理想の王さまでした。
他の国に支配されず、自分たちのもとに平和をもたらす王さまを、
神が自分たちに与えてくださるその日が来ることを、
ユダヤの人々は祈り求め、待ち望んでいました。
このとき、イエス様を取り囲んでいた人々は、
「自分たちが待ち望んでいた王が来たのだ」と叫びながら、 
エルサレムに向かって歩んで来たのです。
「彼こそ、私たちの希望であり、神の約束が実現するために、
今こそ、ローマ帝国の支配から絶対的な力をもって、
この国を解放してくださるに違いない。
真の王さまである、メシアが私たちのもとに来たのだ」と、
喜びながら、人々はエルサレムの神殿へと向かって行ったのです。
「我らの父ダビデの来るべき国に、祝福があるように。
いと高きところにホサナ」(マルコ11:10)と歌いながら。

2017年4月2日日曜日

説教#161:「神はあなたに問いかける」

「神はあなたに問いかける」
聖書 ヨナ書 4:1-11、ヘブライ人への手紙 3:7-11
2017年 4月 2日 礼拝、小岩教会

【ヨナの「不満」】 
「こんなこと初めから望んでいなかったし、信じたくもなかった」。 
ヨナ書に記されている、この一連の出来事を通して、
ヨナはきっとこのような不満を抱き続けていたと思います。 
そして、4章になって、ついに彼の不満が怒りとなって爆発したのです。 
一体なぜヨナは、急に怒りを露わにしたのでしょうか。 
それは、3章で描かれている、ニネベの町で起こった出来事が関係しています。 
このとき、悪の象徴として知られていたニネベの町の人々が、
ヨナの言葉を聞いたとき、神の前に悔い改め、悪の道を離れました。
そして、そんなニネベの人々を見た神が、
ニネベの町を滅ぼすことを思い直したため、ニネベは滅びを免れたのです。
この出来事こそ、ヨナの怒りを引き起こした原因です。 
ヨナにとって、悪の象徴であるニネベの町に住む人々は、
彼らがたとえその悪の道から離れたとしても、
神によって滅ぼされるべき人々でした。
彼らが神の憐れみの対象になることなど、あり得ないのです。
そのように考えていたため、ヨナは最初に「ニネベの都へ行きなさい」
という神の命令を聞いたとき、神に背き、
ニネベに背を向けて、タルシシュへ向かいました。
「自分が預言者として、神によってニネベへ遣わされたら、
ニネベの人々が悔い改めて、神を信じてしまうかもしれない。
そのようなことが、万が一でも、あってはいけない。
悪の象徴である彼らは、滅びるべきだ」とヨナは考え、神に抵抗したのです。
しかし、最終的に神によってニネベへ遣わされたヨナの目の前に広がった光景は、
ニネベの人々の悔い改めと、彼らに示された神の憐れみでした。
だから、ヨナは怒りを覚え、神に訴えたのです。

「ああ、主よ、わたしがまだ国にいましたとき、言ったとおりではありませんか。だから、わたしは先にタルシシュに向かって逃げたのです。わたしには、こうなることが分かっていました。」(ヨナ4:2)

2017年3月26日日曜日

説教#160:「この都を愛する神」

「この都を愛する神」 
聖書 ヨナ書 3:1-10、コリントの信徒への手紙 二 5:16-21
2017年 3月 26日 礼拝、小岩教会 

【神に愛される人とは?】 
私たちの教会で、毎月1回行っている
子ども向けの集会「小岩ワーシップタイム」で、 
今月は集まった子どもたちに、ひとつの質問をしてみました。 

「神さまに愛されるためには、どうすればよいでしょうか?」

4つの選択肢を用意して、子どもたちに
「これかな?」と思うものに手をあげて答えてもらいました。
私が用意した4つの選択肢は、このようなものでした。

①神さまに愛されるためには、何もしなくても良い。
 神さまはすべての人を愛している。
②神さまに愛されるためには、良いことをたくさんすれば良い。
 お手伝いをしたり、学校の宿題を忘れずにしたり、
 親や先生の言うことを聞く「良い子」を神さまは愛してくれる。
③神さまに愛されるためには、優秀な人になれば良い。
 良い子でいるなんて、当たり前。
 優秀にならなきゃ、神さまからは愛されない。
 優秀な人だけを神さまは愛してる。
④神さまに愛されるためには、悪いことをすれば良い。
 神さまは寧ろ、悪い子を愛している。

このような4つの選択肢をあげて、
その日集まった子どもたちに「神さまに愛されるためには、
どうすればよいか」と尋ねてみたところ、
ふたつめの選択肢で手をあげた子どもたちが、とても多くいました。
その場にいた子どもたちの多くは、このように思ったのです。
「良い人間こそが、神に愛されるべきだ」と。
……本当にそうなのでしょうか?
私たちの神は、自分好みの人間だけを偏って愛する方なのでしょうか?
そのようなことは、絶対にありません。
私たち人間は皆、神に愛されるために、神によって造られました。
その意味で、私たちが神に愛されるために出来ることは何もありません。
私たちは、既に、神に愛されている存在だからです。
しかし、それにも関わらず、私たちは、心の何処かで思ってしまうのです。 
「善い人間こそが、神に愛されるべきで、 
悪い人間は皆、神によって滅ぼされるべきだ」と。
私たちが心の何処かで思い、また時には願ってやまない、
このような考えに対して、「ヨナ書」に記されている物語は、
真っ向から反対意見を表明しています。 
「そうではない、すべての人が神に愛されているのだ」と。

2017年3月19日日曜日

説教#159:「私たちの救いはどこから来るのか?」

「私たちの救いはどこから来るのか?」
聖書 ヨナ書 2:1-11、マタイによる福音書 1:21
2017年 3月 19日 礼拝、小岩教会

【「わたしの助けはどこからくるのか?」】 
「わたしの助けはどこから来るのか」(詩編121:1)。
さきほど一緒に声を合わせて読んだ、詩編121篇は、 
このように問いかけることから始まりました。 
私たちの助け、私たちの救いは、一体どこから来るのでしょうか? 
詩編121篇で明確に証言されているように、 
私たちの助け、私たちの救いは、「天地を造られた主のもとから」来ます。 
そのように確信していたからこそ、詩編121篇を歌った詩人は、 
神の助けと守りを求めて、いつも祈り続けました。 
きょう、私が皆さんに問いたいのは、 
詩編121篇を歌った詩人のように、 
ヨナにとっても、「神は救いであり得るのか?」ということです。 
ヨナ書1章を通して、ヨナについてわかることは、 
彼が模範的な預言者であるというよりは、 
預言者としても、信仰者としても、 
彼が私たちにとって反面教師的であることです。
ヨナは、「ニネベへ行きなさい」と命じる神の前から逃げ出し、 
預言者として与えられている使命を放棄しました。 
また、そんなヨナを何とか呼び戻そうと、 
神が嵐を起こしても、彼は神との交わりを拒み続けました。 
そして、最終的に彼は海に投げ込まれることになってしまったのです。 
そんな彼に対して、果たして、神は救いであるのでしょうか? 

2017年3月12日日曜日

説教#158:「あなたはなぜ祈らないのか?」

「あなたはなぜ祈らないのか?」
聖書 ヨナ書 1:1-16、ローマの信徒への手紙 10:12-13 
2017年 3月 12日 礼拝、小岩教会 

【なぜ祈らないのか?】 
「立って、ニネベへ行きなさい」
と神から命じられた(ヨナ1:2)、預言者ヨナは、
ニネベとは正反対の方向である、はるか西の方を目指して旅立ちました。
彼はこのとき、神に従うことを徹底的に拒否して、
タルシシュ行きの船に乗ったのです。
そんなヨナを引き戻すために、神は大きな嵐を引き起こしました。
4節によれば、ヨナが乗っていた船が今にも転覆してしまいそうになるほど、
この嵐は激しいものだったようです。
それほど激しい嵐が起こったため、ヨナと同じ船に乗っていた人々は、 
船が沈まないように、出来る限りのことをし始めました。
激しい波風の音に負けないほどの叫び声を上げ、
彼らは、各々が信じる神に祈り求めました。
「神よ、助けてください」と。 
また、船の積荷を海へ投げ捨て、船を少しでも軽くしようとしました。
しかし、嵐は一向に静まる気配がなく、船は今にも沈みそうな様子でした。
このように、人々が嵐の中で慌てふためいていたそのとき、
この嵐の原因である、あのヨナは一体どうしていたのでしょうか。
何とヨナは、「船底に降りて横になり、
ぐっすりと寝込んでいた」(ヨナ1:5)そうです。
激しい雨や風の音や、同じ船に乗っていた人々の叫び声、
また船の中が騒がしい様子も彼の耳には全く届かず、
ヨナは眠り込んでいました。 
そんなヨナを見つけた船長は、眠っている彼を起こして言いました(ヨナ1:6)。
「これだけ船が揺れているのに、君はなぜ寝ていられるんだ? 
凄い嵐だろ? 
ほら、ごらん、このままではこの船は沈んでしまうよ。 
こんな状況なのに、君はなぜ寝ていられるんだ? 
そして、なぜ君は祈らないの?
君が祈るならば、君の信じる神が気づいて、
君や僕らのことを助けてくれるかもしれないだろ? 
だから、さぁ、今すぐ君の信じる神に、向かって祈りなさい。」